つけもんHOME >> 千枚漬

千枚漬

「千枚漬」は京都の伝統的な漬物で、しば漬、すぐきと並び京都の三大漬物と言われます。京野菜の聖護院蕪を使うことから、生産時期の、冬限定の旬の漬物です。
戦後、酢を使った現在の酢漬けの千枚漬が製造されるようになりました。

漬け方

本来の「千枚漬」の製法は、蕪を薄切りにし、塩漬をして余分な水分を取り除いた後、良質の昆布だけで本漬を行い乳酸発酵をさせる漬物でした。
現在の一般的な「千枚漬」は、蕪を薄切りにしたものを昆布、唐辛子とともに、砂糖や、調味料の入った酢に漬けた、浅漬けの漬物のことをいいます。

千枚漬の口コミ情報